ホーム > 保険鍼灸治療

保険鍼灸治療

鍼灸治療は保険が使えるの?

鍼灸治療でも保険が使用できますが様々な制約(条件)があるためほとんどが自費診療となっています。

また、全ての疾病に対し保険が適応されるわけではなく、特定疾患に限られています。

適用条件と適用疾患

※慢性疾患でかつ下記の6つの疾患に限られます。

※医師が治療上必要と認め同意書がとれたものに限られます。
   有効期限は3か月で継続の場合は再同意が必要となります。

健康保険が
使える場合
神経痛 坐骨神経痛、三叉神経痛、しびれ、マヒ、知覚異常などで、部位はどこでもかまいません
リウマチ 急性、慢性で各関節が腫れて痛むもの
腰痛症 慢性腰痛・ぎっくり腰・変形性腰椎症・椎間板ヘルニア
五十肩 肩関節の痛み、挙上困難。年齢は関係はありません
頚腕症候群 首から肩にかけての慢性的な痛み、コリ、しびれ、だるさ
頸椎捻挫後遺症
※むち打ち
交通事故などによるむち打ちやそれに伴う後遺症
その他 上記疾患に限らず、痛みでお困りの方

保険治療を受ける上でご注意頂きたいこと

同意書に書かれた病名・症状で病院や整骨院での治療は受けないで下さい。

鍼灸治療を受けている期間は、病院や整骨院との併用は認められていません。

もしうっかり受けてしまうと、後日治療費をお支払い頂くこととなります。
(鎮痛剤・湿布薬もダメです。)

施術部位は1部位で15分~20分になります。
(医師から複数個所の同意を得ても、保険適応で施術出来る部位 は1部位です。)

同意部位以外を追加される場合は別途料金が必要となります。

施術料金はこちら >>

院内治療の流れ

  1. 当院へ電話にて予約してください。
  2. 来院していただき診察し、鍼灸保険が適用できる疾患か判断し、
    適用の場合は医師へのご依頼書と同意書をお渡しします。
  3. 医師の診察を受け、同意書を記入してもらいます。
  4. 同意書、保険証、印鑑を持参いただくと保険で鍼灸治療が開始となります。
    ※翌月より保険証、印鑑は毎月最初の来院時にご持参ください。

訪問(往診)鍼灸治療について

はやし鍼灸治療院では介護を受けている方や、歩行困難で通院ができない患者様を対象に、健康保険での訪問(往診)鍼灸治療を行っております。

完全予約制でご自宅にお伺い致しますので、待ち時間がなく、患者様やご家族様の貴重なお時間を有効にお使いいただくことができます。

介護サービスを利用されている場合は、担当ケアマネージャー様等へも施術内容や経過をご説明・ご報告させていただきますので、ご安心ください。

※ショートステイ先への訪問は認められておりませんのでご了承ください。

訪問(往診)治療の流れ

  1. 当院にお電話いただき、「往診治療を検討している」とお伝えください。
    現在の状況をお聞きして、ご説明・無料体験のための日程を調整致します。
  2. ご自宅にお伺いし、治療を体験していただきます。
    健康保険を利用するためのご説明をさせていただき医師へのご依頼書と同意書をお渡しします。
  3. かかりつけの医師に同意書を書いていただきます。
    かかりつけの医師がいない場合は、当院でご紹介いたしますのでご相談ください。
  4. 往診の日程を調整させていただき、治療開始となります。
    それまでに同意書をご用意ください。
    ※翌月より毎月保険証を確認させていただきます。

対象地域

一宮市・岩倉市・江南市・大口町・犬山市・稲沢市を中心に往診しております。

一度ご相談ください。

  • はやし鍼灸治療院 愛知県一宮市九品町3-9-1 ライオンズマンションン一宮九品 駐車場台完備 電話番号0586-64-8994

はやし鍼灸治療院