ホーム > スポーツ障害

スポーツ障害

スポーツを楽しむ方へ

ジョギングイメージ

最近は「生涯スポーツ」ということで生涯を通じて、健康保持や体力増進を目的にマラソンやウォーキングなどに参加され楽しむ方が増えています。

街で多くのランナーを見かけるようになりました。

反面、けがも多く適切な処置が行われなかったことで、治癒までに長い時間がかかってしまったということが多くあります。

特に、強い痛みもなくケガと感じない

【ちょっとおかしいな・・・】や【少し違和感がある・・・】

という場合はどうしても自己治療になりがちです。

ご自身で判断なさらず、まず専門家にご相談することをお勧めします。

はやし鍼灸治療院ではプロ・アマチュア関係なく、クラブ活動やシニア世代のスポーツ障害の治療に力を入れています。

試合がある場合はスケジュールなどを考慮し一人一人に合った治療を行ない普段のケアからストレッチや食事などの栄養指導もトータルで行っております。

スポーツ外傷 スポーツ中での転倒や接触などによる突発的な怪我は、スポーツ外傷と呼ばれ、骨折や脱臼、捻挫や打撲を言います。
スポーツ障害 継続的に繰り返されるスポーツ動作によるオーバーユース(使いすぎ)が原因です。野球肘・テニス肘・シンスプリント・ジャンパー膝などが主な症状です。

オスグッド病(成長痛)

オスグッド病イメージ

オスグッド病は、成長期の子供に発症するオーバーユースを原因とするスポーツ障害の一つです。

サッカーやバレー、バスケットボールなど、ジャンプしたり走ったりという脚を酷使するスポーツをしてる、小学生高学年・中学生・高校生に多く見られます。

一般的には、運動による疲労の蓄積によるもので「膝の屈伸を行う運動のしすぎ」が原因として発症します。

オスグッドは初期段階において治療をしっかり行うことが大切です。


シンスプリント(下腿内側の疲労性炎症)

シンスプリント(下腿内側の疲労性炎症)イメージ

シンスプリントとは【脛骨過労性骨膜炎】とも呼ばれ、運動時および運動後に下腿中下1/3部の脛骨内側後縁に痛みを訴えるスポーツ障害です。

ランニングやジャンプなどの運動によって起こることが多く、慢性的な疼痛と圧痛が主な症状として現れます。

原因は様々で、ふくらはぎのストレッチや下腿と大腿(後ろ側の筋肉)の筋力トレーニングを十分行なわなかったり、硬い地面の上をランニングすることで足の筋肉を酷使させてしまうなどがあります。

練習量により、楽になったり痛くなったりの繰り返しで、結局はだんだんひどくなってしまいそして、最後には「疲労骨折」を起こしてしまう場合もあります。


野球肘・テニス肘(上腕骨内側上顆炎)

野球肘・テニス肘(上腕骨内側上顆炎)イメージ

成長期のボールを投げすぎや、無理な投球フォームが肘にかかる負担を大きくし、結果生じる肘関節周囲の故障です。

正式な医学的名称は【上腕骨内側上顆炎】といいます。

投球時や投球後に肘が痛くなり、また肘の伸びや曲がりも悪くなり、急に動かせなくなることもあります。


ランナー膝(腸脛靭帯炎)

ランナー膝(腸脛靭帯炎)イメージ

ランナー膝は、主に長距離を走るランナーや激しいスポーツにより起こりやすい障害で、膝の外側が痛くなる【腸脛靭帯炎】などを言います。

この他、自転車をこぐ膝の屈伸運動、ジャンプなどを行う動作によってもランナー膝になってしまうことがあります。

自分の体力以上に長距離を走り過ぎたり、走っている最中に急激に速度を上げたり、ランニング前後のウォーミングアップとストレッチなどのクールダウン不足や休養不足 には気をつけなくてはいけません。


この他にも様々な症状に対応しております。

スポーツを楽しむ方へ

当院では、部活やクラブ活動に励む子供たちをサポートしています。

「よくケガをする」「スポーツ障害に悩んでいる」「記録が伸びない」などでお悩みの方ご相談ください。

アロマ効果

私自信、幼い頃から野球少年で、高校時代に甲子園を目指し練習に励んでいましたが、ケガに泣かされ、練習ができない時がありました。

その時の経験を生かし、治療家として部活やクラブ活動に励むお子様に対し トレーニング指導、ストレッチ指導、メンタル指導なども行っております。

実際の動きやフォームを見て、本来の正しい動かし方で運動できるよう テーピングを使ったり、肩を上げる角度や身体の捻り方を変えたりして、 痛みや衝突がおこらないように改善していきます。

  • はやし鍼灸治療院 愛知県一宮市九品町3-9-1 ライオンズマンションン一宮九品 駐車場台完備 電話番号0586-64-8994

はやし鍼灸治療院