ホーム > 小児鍼

小児鍼

お子様の疳の虫(かんのむし)や夜泣きでお困りではありませんか?

小児はり治療

お子様の疳の虫や、夜泣きでお困りの場合は「小児はり治療」がとても効果的です。

赤ちゃんや子供には、昔から疳の虫、夜泣き、おねしょなど特有な症状があり、小児はり治療は、江戸時代の頃から行われてきました。

今でも関西地方では「疳の虫のはり」として親しまれています。

はり治療というと「皮膚に鍼を刺す」というイメージがありますが、当院では、「ローラー鍼」や「イチョウ鍼」という刺さない鍼を使用します。

経絡やツボをなでるように刺激していき、精神的にリラックスさせ、脳ストレスを解消させていきます。

※生後1ヶ月~12歳くらいまでのお子様が対象です。

疳の虫とは・・・

日本では昔から、酷い夜泣きやぐずり続ける赤ちゃんによって、ゆっくり眠ることもできず家庭内を乱してしまう様を「これは虫が悪さをしている」として、虫封じ・虫切り・疳封じといった施術(お祓い)などをしていました。

現代医学では「小児神経症」と呼ばれるものの1つで疳癪(かんしゃく)を起こしたり、夜泣きが続き、異常興奮しやすくなっている子どもの状態を言います。


どんなお子様が対象?




  • 夜泣きがひどく必要以上に泣く
  • 寝つきが悪い、眠りが浅い
  • ちょっとした物音に驚く、異常に興奮する
  • 疳癪(かんしゃく)を起こす
  • 常に眉間にしわが寄っていたり、険しい目をしているお子様
  • おねしょ(夜尿症)が頻繁にある
  • ぜんそく、息がゼーゼーいう
  • 風邪、鼻水が出る
  • アトピー、乾燥肌、アレルギー体質
  • 肌がカサカサしている

施術料金はこちら >>


小児鍼 Q&A

健康保険は使えますか?
保険適応外の為、自費治療となります。
治療期間はどれくらいかかるのでしょうか?
お子様の症状によって治療方法が異なってくるので、実際に症状を拝見し経過を確認しながら、おおよその治療期間や治療間隔を決めていきます。
初診の場合は治療効果を高める為、その後数回続けて来院して頂きます。
その後(症状によって異なりますが)、週1回~2回程度で施術を行い早ければ1~2か月で 効果が表れてきます。
鍼を見たら大泣きしそうで心配です。
もしも大泣きしそうでしたら、お母さんが抱っこした状態でも心配ありません。
また、鍼もお子様から見えないようにして施術を行いますのでご安心ください。
また、白衣をきていて泣いてしまう子もいますので、小児鍼の際はポロシャツなどで行ったりします。
小児鍼をやめたら症状は戻るんですか?
小児鍼は治療の積み重ねにより症状が改善されていきますので、ご自宅での体調管理等が問題なければ戻ることはないと考えております。
自然治癒力があがります。

  • はやし鍼灸治療院 愛知県一宮市九品町3-9-1 ライオンズマンションン一宮九品 駐車場台完備 電話番号0586-64-8994

はやし鍼灸治療院