ホーム > ブログ > 足のつり

よく起こるケガについて

  • 2018年4月 6日

こんにちは!愛知県一宮市九品町の筋肉痛、腰痛、足のつり、シンスプリントのはやし鍼灸治療院の大西です。

今日は皆さんも人生で一度くらいは体験したことがあるであろう「足のつり」について紹介したいと思います!

まず初めに「足のつり」がどのような状態であるかを説明していきます!

筋肉というのは細い筋繊維が集まり筋束という束になりその束が集まったものを筋肉といいます。筋繊維がみんな正常に動いてくれれば問題はないんですけど、「足がつる」ときは筋繊維の一部がほかの筋繊維より異常に収縮することによって「足がつる」という状態になります

例えるなら、筋繊維(個人)筋束(クラス)筋肉(学校)として、あるクラスの○○君が学校のルールを破って輪を乱したー!

みたいな感じです。笑

 

次はなぜ「足をつる」のかその原因と予防法を説明します!

いくつかあるうちのひとつにミネラル不足があります。ミネラルには筋肉や神経の働きを調節する役割があり、不足することで当然筋肉の働きが悪くなり「足をつる」原因となります。ミネラルはカルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウムなどの成分からできていて、汗をかくことで消費していくのでミネラル入りの飲料などを意識的に補給していきしっかりと予防をしていきましょう!!

 

次に急な運動で「足がつる」状態が起こることがあります。

急な運動をすると筋肉がびっくりしてほかの筋肉より異常に収縮して輪を乱し「足がつる」状態が完成します。皆さんも急に後ろから大きな声で名前を呼ばれたらびっくりして縮こまりますよね?筋肉にも同じことが起きます。

これを防ぐにはやはり準備体操が大切です。準備体操は脳から「これからあなたたちを使うから動けるように準備してくださいね~」と筋肉に前もって指示をする時間です。若い人たちは「まだ若いから準備体操なんてしなくてもケガなんてしないよー」と考えている人が多いと思いますが、油断せず準備体操を行い最後にはアフターケアを行いましょう!

 

最後に冷えによる「足がつる」状態について説明します。

冷えというのは血液の循環が悪くなり、全身に血が巡らなくなりそれが冷えにつながります。人体で一番冷えが起こりやすいのは心臓から最も遠い心臓です。そこに血液を巡らそうとふくらはぎの筋肉は頑張って収縮して疲れた結果「足がつる」状態が出来上がります。これを防ぐには足元を温め血行を良くすることが大事です。ほかにも足を鍼やお灸をして循環を良くしていきましょう!特に女性の方は日ごろから心がけて頑張っていきましょう!!

 

「足がつる」というのは日常でよく起こるがすぐに治まるので軽く考えている人が多いと思います。しかし、頻繁に起こりやすいひとは糖尿病や脳梗塞、甲状腺疾患を患っている可能性もあるので軽く考えずしっかりと向き合っていきましょう!!!

 

                                             ありがとうございました!

                                        

 

 


1

  • はやし鍼灸治療院 愛知県一宮市九品町3-9-1 ライオンズマンションン一宮九品 駐車場台完備 電話番号0586-64-8994

はやし鍼灸治療院


カテゴリー

腰痛・肩こり・スポーツ障害治療を専門的に行っています。妊娠中や出産後のお悩みにもお答えします。お気軽にお電話下さい。電話番号0586-64-8994

  • 院長ブログ
  • スマートフォン版

鍼灸院の口コミサイト「しんきゅうコンパス」